脱毛とスキンケアを極める道

高齢化社会の一端をみて

コンビニで牛乳と豆腐と納豆を買いました。
店内に入って直ぐに、何処からともなく聞こえてくる男性の声です。
でも店内の空気とは馴染んでいないので、ラジオから流れている声だろうかと思い耳を凝らしたら、レジで道を尋ねている70歳を過ぎていると思われる男性のものでした。
何度も尋ねていて、ようやく分かりましたと、お礼を言って、お店を後にしていきました。
聞いている先から忘れるようになるのが、老人です。
自分なりに聴こえている範囲での納得ですから、目的地に無事に、辿り着けるのだろうか。
自分もそろそろ仲間入りの年齢です。
親切なサンクスの女性店員さんは、何度も同じ事を丁寧に嫌な顔もせず、繰り返し教えて差し上げていました。
それにしてもコンビニで、牛乳を買っては食費がパンクしてしまいます。
スーパーの二倍の値段ですね。

Comments are currently closed.